☆宇宙と暦とあなたとわたし☆ 宇宙のこと 暦のこと あなたのこと わたしのこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさん、こんにちは~!!
ぷる~とです(*∩ω∩)

睦月もスタートし、春もずんずん進んでおりますが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は、
太陽系の惑星である水星、金星、地球の調和のお話をしたいと思います。

みなさんは、日常の生活の中で、
人との不調和を感じることがあるでしょうか?
この世界はもともと調和の世界
この大きな大宇宙の調和を感じ、
人と人も大きな調和を表現できたらいいですね~(っ*´∀`*)っ

何回か前の記事で、
金星と地球が8年のときをかけて創り出す
美しい五芒星についてご紹介しました。
こちらの記事です↓
「宇宙が繰り広げるご縁の世界」

実は、この金星さんと地球が8年間で描く五芒星の中に
水星さんもとても調和的に参加してきます。
( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)ナカーマ
水星と地球のハーモニー五芒星
上の図は、それを表したものです。
地球の軌道を5等分して描かれた五芒星ですが、
その五芒星の中にできた5角形の5つの頂点を通る円を描くと
水星の平均軌道になるのですΣヾ(・Д・´●)ノわぉ!!
これは縮図ですから、もちろん実際の大きさとは異なりますが、
これをぐ~~っっと引き延ばせば、この比率の通りになっております。

と、これは、この前のオマケ情報でして、
まだまだ、ここから、
この3惑星の素晴らしい調和の世界をお届けしたいと思います(#^.^#)

まず、
季節の4点
これは、地球の軌道上に、
立春・立夏・立秋・立冬に地球が通過するポイントを記したものです。
ここでは記していませんが、夏至が真上になるよう、
また、地球の進行方向は反時計回りとしてあります。

季節の4本柱季節付

そして、立春から立夏、立夏から立秋、立秋から立冬、立冬から立春と直線を引き、
正方形を描きます。
すると上の図のように、一辺、いっぺんがそれぞれの季節となるわけです。
この季節の正方形の4つの辺にそれぞれ接するように円を描きます。

地球と金星の軌道の調和
すると、上の図のように金星の軌道がその中にきっかり綺麗に入ってくるのです。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

そして、さらに、
季節のスタートである立春・立夏・立秋・立冬に対し
季節のピークである春分・夏至・秋分・立冬のポイントも入れてみます。
下のようになります(^0_0^)

季節8種

はい、綺麗に地球の軌道が8等分されました。
そして、

八芒星
こんな形で八芒星を描くことができます。
((゚m゚;)アレマッ!
そして~、ここで出来た八芒星の中にある八角形のそれぞれの辺を通るように
またまた、円を描いてみます。

水星と地球のハーモニー
こんな感じになり、その円もまた、この図の地球の軌道の大きさに対して、
水星の平均軌道の大きさとなるわけです!

さらに驚きなのは、
これは、水星と地球の平均軌道の大きさを示すだけではなく、
水星と地球そのものの大きさの比も表しています。

水星と地球大きさ比
地球の大きさが図で描かれているものだとすれば、
水星の大きさはこの大きさになるよ~ということです。

おもしろい調和が描かれていますよね~
今回、ご紹介した水星、金星、地球のハ~モニ~はこちらになります(^_^)/
水星と金星と地球のハーモニー季節のハーモニー
う~ん、美しいですよね~~♪
ナカーマ!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノナカーマ!

太陽系には、まだまだ沢山のハーモニーが隠されています。
また、別の機会にご紹介したいと思います。

でわでわ、宇宙不思議はっけ~ん!!でした~
(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!

わたしたちも宇宙と共にもっともっと調和的な存在になっていきましょ~う!!
お読みいただき、ありがとうございました。
ぷる~と
lgf01a201408271600.jpg


ブログランキングもはじめてました
もしよろしければ、ポチッとお願いします(*^_^*)


スポンサーサイト

【2015/02/21 21:47】 | 宇宙のこと
|
みなさんこんにちは!!
ぷる~とです
いつもお読みいただき、ありがとうございます(´∀`)

最近、本当に多くの方とのご縁をいただき、
その方々との出会いが、
わたしの日常を
本当に楽しく豊かなものにしてくれているなぁ~と感じる今日この頃です。

今日は、わたしたちの住む地球が所属している太陽系の中で、
おとなりの惑星である金星と地球のご縁の素晴らしさを書きます(^◇^)

太陽系にはいくつかの惑星がありますが、
全て同じ方向にグルグル廻っています。

金地1

ちょっと、お勉強チックな画像を入れてしまいましたが(;^ω^)

太陽を中心に、それぞれの惑星は同じ方向に巡っています。
地球儀を上からみた感じで考えると全ての惑星は反時計回りに廻り
金星は地球の225日で、地球は365日でひと巡りです。

そして、たまたま、金星と地球は太陽から見て一直線に並ぶときがあります。

上の図では、そのたまたま、金星と地球が出会ったところです(´∀`)

あなた 「なんかめんどっちい話だな~~っ!」ヽ(´Д`;)ノアゥ...
わたし 「まぁ、ここから面白くなるので、もうちょっとお付き合いくだされ~」
( `・∀・´)ノヨロシク

金地2

たまたま金星と地球は出会うのですが、
実は584日に1回というリズムで会うことになっています。
上の図は、金星と地球が、最初の図からみて584日たった場所にあります。

金地3

そして、また584日後、
この図では、丁度、円の真上に来たところでの再会~~!!(*^_^*)

金地4

はい、次の584日後でッス!!

金地5

ひとつ面白いのは、惑星は自分の体をグルグル回転(自転)させながら
太陽の周りを廻っているのですが、
金星と地球が同じ場所で会うとき、地球から見ると、
金星は必ず同じ面を見せてくれますヽ〔゚Д゚〕丿 スゴイスゴイ
これ本当に凄いことだなって思うんですけど、
うまく伝えられているでしょうか?(;^ω^)

金星と地球は大きく見ると5つの空間で出会うのですが、
同じ空間で出会うとき同じ顔を見せています。
地球から見ると、5つある金星の顔が、出会う空間ごとで決まっています。

金星の自転の周期と、公転の周期と
地球の公転の周期がシンクロしているということです
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

金地6

そして、丁度8年の期間を経て、
金星と地球は最初の図の場所に戻ってきます。
感動的な再会 ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!

太陽系の惑星たちが繰り広げる必然的ご縁
まるでわたしたちの出会いのように
それは美しく、秘かに
多くの人はそれを知ることもなく
でも、美しく、楽しく
わたしたちのご縁も繰り広げられています(*^_^*)

金地星

これが、金星と地球の8年間のご縁の軌跡です。
美しいですね~(´∇`)ケッサク

わたしもご縁をいただいた方々と、色々な図形の美しい奇跡を日々いただいています。
これからもご縁の上に、わたしの人生という奇跡を楽しんでいきたいと思います!!

いつもお読みいただき、ありがとうございます!!
みなさんとのご縁に感謝いたします(´∀`)
ぷる~と

ブログランキングもはじめてました
もしよろしければ、ポチッとお願いします(*^_^*)



【2015/02/10 12:05】 | 宇宙のこと
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。